家のリフォームなどにも使われる事となる、外壁塗装の塗装となります。
勿論新しく家を建てるにも、外壁塗装には「どんなものがあるか」と考えるものです。
耐用年数と外壁塗装とは非常に関係するものです。
塗料の耐候性と言われる耐用年数は、紫外線をうけてチョーキングを引き起こしてしまうまでの期間の事です。
塗膜の表面に浮き出るチョークの様になった状態を、チョーキングと言われます。
外壁塗装にも、その様な状態がでてこないようにと、お願いする側の人は塗装選びをするのです。
塗料にはウレタンやアクリルなどの樹脂に、溶剤と言われる水やシンナーを混ぜて作られるものです。
その上に顔料や添加物なども混合されて、出来上がると外壁の塗装となります。
塗装を行う際には、シンナーや水は揮発してしまいます。
お選びになるウレタンやアクリルなどの樹脂は硬化するものですが、塗膜を形成していくものとなるのが1液性塗料と言われるものです。
また主剤の塗料にもう一つの塗料を混ぜ、塗膜を形成していくものを反応硬化型となる2液性と言われるものです。
これらは外壁に塗るものとして使われますが、あと屋根や軒下や金属などに塗るものに使われる事となります。
塗料樹脂の種類にも多くの物がありますが、ウレタンやアクリル以外にも、フッ素やシリコンなどもよく外壁に使われるものです。
詳しく外壁塗装の種類を知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒外壁塗装 どんなものがある

関連記事